毎日あることないこと

日々のできごと(あることないこと)を書いています

20160830

9時半から会議。

課長の肝いりの案件で、ある1つのテーマでえんえんと2時間半も…。

こうなることはわかっていたので、手でメモはとってられん!と思い、iPhoneで録音した。それをまとめるのにほぼ1日を使った…。

大大大好きと仕事が繋がってる人(課長)はいいなあ〜。

会議を終えたあと「国破れて山河あり」という言葉が頭に浮かんで離れず、何だっけと思い調べると、杜甫の詩だった。深層心理で、そんな気持ちになる会議だった。

 

昨日の夜寝る前、蝶々さんの『ひかりかた』をなんとなく手にとって久しぶりに読むと、目からウロコが落ちまくった。そして普段、どれだけ自分を本気で生きてないかを実感した。蝶々さんは、いつも本気だ。目が覚めた気持ち。(寝る前に)

自分の身体を見直してみると、いつもニキビがあって、(何をしてても、寝ても出来るので、諦めてた)生理は重く血はどろっとしていて、これは、自分を蔑ろにしてた結果だと思った。

「だって××だから〜、って言ってたら、ヤラれちゃうばっかりだよ」と蝶々さんは言ってた。

本当にその通りだ。

今からでも間に合うと思って、未来の自分の子供のために綺麗な身体を用意してあげるために、がんばろうと思う。