読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国行きのスロウ・ボード

日々のできごと(あることないこと)を書いています

20160923

帰省がおわり職場にもどり、何日かたったころ。

にぎやかな実家から一人暮らしの我が家に戻ると、人と喋ることが激減して、すごくさみしいことがわかった。

せめてあの、柔らかくてあったかくて、いつまでも触らせてくれる猫がいればなあ〜

ウワーン!お母さーん!まさむねー!(猫)

 

と、思いつつ、『君の名は。』観たり、仕事したり。

 

にぎやかな中高年が二人、職場にわたしを訪ねてきた。

ひとり(おじさん)は、

 

おじさん「あんた仕事辞めて実家帰ってなにすんの。エッ!結婚?!早ない?!大阪?どこ?その旦那さんは何してんの?へー!」と、よく通る素敵な大声で、わたしの今後の身の振り方を同僚全員に伝えていた。

静かなフロアに結婚だの転職だの(しかもまだ上司に言ってない)が響き渡り、(わー個人情報!!!)と内心汗をかきつつ、いい人で、おもしろい方なのでウケた。笑

 

 

お母さんと電話して、そのおじさんの話をしてウケてたら、お金の話になってしまい、意見がぶつかり、しんどい気持ちに。

正直いまのお給料はとても低くて、生きてるだけで精一杯なところがある。

母は、わたしのためを思って言ってくれたんだということは十分わかっているが、しんどかった。

 

恋人と電話して、元気をもらう。

 

しかし、依然として生活費はカツカツ。家計簿をつけ、ひとしきり落ち込む。笑

お金がなくても出来ることを!!!と気合いを入れて、部屋を片付けて掃除をピカピカにした。

顔のリンパマッサージをした。

脚のムダ毛を処理してツルツルにした。

綺麗な部屋であったかいジャスミンティーを飲んだ。

そしたらなんだか幸せになった。

若い今頑張らないで、いつ頑張るんだ!という気持ち。