読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国行きのスロウ・ボード

日々のできごと(あることないこと)を書いています

平和の種類

私が生まれ育ったところはごくごく平和で、都会でも田舎でもない。パッとするものが一つもないわけではなく、たった一つだけ、全国的にパッとするものとして、動物園が挙げられる。(北海道旭川市です)

 

 

平和な街で生まれ育ち、関西の田舎の、特に刺激もない大学に進学し、いま、その近くの会社で働いている。

 

 

家から歩いてすぐの美容室に通ってるのですが、

 

私の担当の美容師さん「マジで平和ですよね」

わたし「ねえ。何もなさすぎて…刺激もなく」

美容師「いや、でもこれが幸せなのかなって思いますよ。今までいろんなとこに住んできましたけど、こんなに平和なとこなかったですよ」

わたし「へえ〜。いままでどこ住んでたんですか?」

美容師「僕、実家、福岡なんですけど、やっぱ暴力団多いんですよ!」

わたし「わははははは!暴力団!(ウケてる)」

美容師「実家がちょうど◯◯組と◇◇会の事務所の近くで…」

わたし「ひえーふたつも…やっぱ騒々しい?」

美容師「いや、平和!平和!むっちゃ平和」

わたし「うそーん」

美容師「いつもパトカー停まってるんすよ。だからむしろ平和」

わたし「わははははは!(大ウケ)」

美容師「学校から帰ってきたら、いつもパトカー」

わたし「わはは!すごい!!」

 

 

いろんな種類の平和があり……。

美容師さんのいう通り、いま、私は幸せなようです…。